起業工学

事業を通じて、起業を成功させるフレームワークを仮説立証するブログです。

年2回のボーナスを開始しました。

今年度から年2回、「半期個別収益差分ボーナス」と「半期営業利益還元ボーナス」を開始しました。

 

スタートアップのインセンティブとしてストックオプションはもちろんあるのですが、企業の基本は「儲ける」ことであり、儲けられるから、継続的に社会に対して価値を提供できるわけです。

 

儲けることに対しての意識を上場後も継続的に持つカルチャーを作る、また、従業員の雇用継続率をあげるためには、今のうちから賞与制度を今現在で出来る範囲での設計しようと思った次第です。

 

「半期個別収益差分ボーナス」に関しては以下の通りです。

  • 年2回、個別もしくはチーム毎で収益の差分の10%または月間給与の2.5か月分のいずれか低い方を支給する。
  • 収益は売上から個別原価、個別販管費、新規投資分利益按分、再投資分利益按分を引いたものになる。

「半期個別収益差分ボーナス」に関しては以下の通りです。

  • 年2回、営業利益の10%を全社員で割って支給する。

組織の大きさ的にまだ出来ないのですが、やってみたい制度もあります。それはまた追々出来ればなと。

 

「今のニッチを、未来のメジャーに。」をコーポレートミッションに、まずは、10億円を10個作れるようになる組織目指して参ります。